寝坊助

ネボスケ
意味

寝坊。朝寝坊する人をからかったりしていう語、それを人の名前らしくした言いかた。

~necoha の耳~

この日本語かわいらしーよねー、お友達になりたい。ヨッ、ネボスケ!

でも仲良くなり過ぎてさぁ、むっちゃ眠気をうつされて困るんです。昨日20分遅刻したの、あんたのせいなんだからね~…1人だけイイ夢見てんじゃないよ!

起きろっ、寝坊助~~!!

 
あ、スッキリです。チコク、ダメ、ゼッタイ。

広告

アサイド

青たん

アオタン
意味

青あざ。皮膚に打撲を受けたとき等に内出血でできる青い痣(あざ)。
北海道の辺りでの方言。他の地方でも分布?

~necoha の耳~
これは子供たちの世界では相当言ってるよね、どっかぶつけるからね、元気良くて良いけどね。

「何したの、この青たん!」「跳び箱にぶっけた時できたーっ!」とか日常的に遣う言葉なのですが、同じくらい言うのが「ぶす色」なんだよねぇ。

「うわ、ぶす色になっちゃってる。」「ほら、湿布貼っておかないと!」ていう感じですかね。青よりもっと濃い青紫っぽく内出血した時の色が、ブスに見えるってことなんでしょうか??

大事なことは、つまり。「青たんが出来る≒ぶす色になる」。そして年齢を重ねると共に治りにくくなる… 悲。

おっかしいなぁ~、こんな所ぶつけた覚えないんだけど…なんか痛い気がすると思ったら。

アサイド

一日一善

イチニチイチゼン
意味

一日に一つの善い行いをして、それを積み重ねるようにしなさいという呼びかけ。

~necoha の耳~

どうでしょう、良い言葉ですよねコレ。

巷じゃ「アイス・バケツ・チャレンジ」がニワカなブームとなっている(2014/08現在)けど、一日一善とも似ているのではなかろーかと思い至る訳です。本来誰にも強要されるものでなく、見返りを求めず、純粋に自発的な気持ちで。

ちなみに、アメリカのスポーツ界で「氷水」には祝福の意味があるそうです。それを頭からかぶることで元気を出して見せて、相手に笑顔を伝えたいと願ったのでしょう?

100ドル(およそ10400円)出してくれよ、って直接迫るよりユーモア精神があって好感持てる気がするんだけど。次の3人を指名って点がやっぱりどこか日本人の思想に馴染まなくて、意見が色々に分かれちゃってます。

でも、事の始まりには最高の「一日一善」があったと感じるよ!

アイス・バケツ・チャレンジ - Wikipediaへ、詳しくは。

アサイド

情けは人の為ならず

ナサケハヒトノタメナラズ
意味

他人に情けをほどこせば、いつか巡り巡って良い報いを自分も受ける。

~necoha の耳~

間違って、「誰かに親切することは、その人の為にならないんだ」と解釈している日本人も多いとか少ないとか。

すごく言われたわ、子供の時、どっかの大人に。人に優しくなれ、思いやりを持ちなさいってね。必ず自分に返って来るよ~みたいな。

そんな時に「小さな親切、大きなお世話」って言葉も言われてしまってさ。いやいや、どっちだよ、難しいわ加減が分からんわ。もう何もできんくなるわっ!てゆう。

もし、相手の気持ちを理解しようと思っていれば「己達せんと欲して人を達せしむ」に近付けていたのかもしれませんけども。

だって子供だったし、あの時は混乱したなぁ~…。まぁ先人はいろいろな事を教えてくれますよね、うん!

アサイド

己達せんと欲して人を達せしむ

オノレタッセントホッシテヒトヲタッセシム
意味

自らの目的を成し遂げようとするとき、まず人を助けて目的を遂げさせてやるものである。
仁ある者、よい事を行うのに自他の区別をしない人のことをいう。

~necoha の耳~

とりあえず「論語」からってことで。仁ある者の「仁」とは何かと気にしてみたら、一切を包容する分け隔てない心、つまり「自他の区別がない」ということだそうですよ。

個人的なイメージだと…こんな感じかな?

  • おいしいパンが食べたいなーと思ったら、他の人も同じように思っているかもしれない
  • だから、おいしい1個のパンがあったなら分けて、自分より先に相手に食べてもらおう
  • 後でお返しに、おいしいスープをごちそうしてくれたよ

という想像をしてみました。話変わっちゃったか、後半「情けは人の為ならず」に係わってきてる~!

大事なのは…自分も他の人も、きっと同じなんだろうなって思いやる気持ちを持つことなのかねぇ。やっぱり相手の思いを理解出来ないままじゃ、自分のやりたいことも結果的に出来にくい状況に陥ってしまうもの…。

アサイド

小言幸兵衛

コゴトコウベエ
意味

口うるさく小言を言う人。
由来は古典落語。
(口うるさく世話好きな麻布古川の大家、田中幸兵衛についたあだ名から)

~necoha の耳~

クレーマーっぽく見せておいて、実は世渡り上手的な…?

孤立しそうでありながら無視できない、大人物みたいな…?

いなくなってから初めて気付く、あの先輩の親切心…。と思い返してみても、やっぱり考えたら少し腹が立ってきましたよ~っ。

でも結局忘れ得ぬ存在感、今でも仲間内でヒマがあるとワーワー盛り上がってるから。もっと年月経ったら自分達も同じセリフ使っちゃうのか?

小言ぶちまけるより大納言にでもならんさい!

えぇ…!??

アサイド

老いの繰り言

オイノクリゴト
意味

老人が過去の話や言っても仕方のないことを、くどくどと繰り返しこぼすこと。

~necoha の耳~

はぁ、やばい。すでにちょっと繰り返し始めているよ。一流の落語家なら笑えるんでしょうが、凡人の話なんて誰も興味ないですよね!

ゴメンゴメン、来週から気を付けるわ…。それで、また3週間後くらいに注意してちょうだいな。

てか、まだそんな老いてませんからねっ。

アサイド

花疲れ

ハナヅカレ
意味

花見をして疲れること。
花の美しさに酔いしれた後の物憂さや気だるさ。

~necoha の耳~

春は何かと疲れやすい。季節の変わり目で自律神経乱れるし、もっとも新しい環境に適応することを求められたりするしね。

桜狩りだと~、んな元気も出ない時ありますよっ。見に行こうと思わなくても近くに咲き誇ってくれてると違うんだけどなぁ。

あれですか、好きも高じてしんどくなっちゃうパターン。青春期の両思い的な?

もう歳には勝てないぞー、という言い訳。

アサイド

前へ 過去の投稿

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。