半年ぶり、皆既月食!

午後9時ごろ、ちゃんと見えた♪

薄い雲がかかってきて月食明けがよく分からなかったのですが、そんな朧夜も春らしくてまた乙なものです~。

それよりも月の色、赤くなくて夜空に近い色味だったの。
青く錆びた月、何だか素敵でしょ?

Lunar eclipse

月食観賞しながら、手ブレ撮影してみました。楽しいですよ~!

シャッタースピード遅いと、カメラの動かし方で文字を書けるので少ない月明かりがちょうどイイのです。ふふふっ、夜空に落書き♪

Lunar eclipse

次に国内で皆既月食が観測できるのは、およそ3年後。平成30年の1月31日ということですよっ。今度はオレンジに輝くのかなぁ?

画像

暦の奇跡月

2014年の9月8日が十五夜(中秋の名月)で、10月6日が十三夜でしたが、なんと今年には3度目の名月がある!

それが11月5日の「ミラクルムーン」なんですね~、思ってるより満月じゃなかった…。2度目の十三夜ということで「後の十三夜」と呼ばれるそうです。

moonlight

これは旧暦で約3年に1度、1年を13ヶ月とする「閏(うるう)月」が挿入される影響で、2014年だと旧暦9月と10月の間に閏9月が入れられています。

暦の上では旧暦9月13日が2度出現することになり、そのため2度目の十三夜が観られるというのですね。

閏月が挿入される位置は(詳しく知りませんが法則により)その年ごと異なるため、今回のように1年に3度も名月が観られる機会というのが何といっても171年ぶりだということなので、一生に一度のミラクルだったのです!

しかも月の出から月の入りまでが約12時間もあり、ほぼ一晩中お月見が楽しめるという、まさなる一大イベント感が本当に素晴らしく☆

moonlight

しかし…お月見の風習に特に興味が無ければ、どうってことない普通のお月様だけどね…って言わないでください~。

とにかく綺麗な月光っぷりでした、大満足。コンデジで綺麗に撮れなくて、残念!

アサイド

皆既月食、見えたっ

10月8日、どれだけの人が夜月を見ていたんでしょうね~。ニュース番組でも生中継していたし!

やっぱり写真撮っちゃいました、コンデジだしブレるし寒いしだったけどね。ずっと曇ってたから月食の途中からなの…。

Lunar eclipse

20時22分  もう皆既終わっちゃった

Lunar eclipse

20時41分  だんだん明るくなってくるよ

この状態の月を写そうとすると簡単にブレるから、いっそ遊んでみました。なんかちょっと気持ち悪いワームみたいなのから、アルファベットみたいなのも出来ておもしろかったな!

 

で、適当にキリハリしてみました。「K」は無理あったかー?

 
Lunar eclipse

画像

見えなかった、月…

8月11日の午前3時過ぎ頃、今年最大の満月である「スーパームーン」だったそうで。完全に見逃しちゃった、空模様も良くなかったんだけどね。

かわりに今夜の月は…これまたフワフワの雲が絶え間ないこと!

Moonlight night

それでもさ、何となく大きくハッキリ見える様な気がしましたよ~。

夜風が心地良くて、草むらからは秋の虫たちがリーリーコロコロ鳴いていて。やっぱり月見は癒し効果絶大だなぁ…。

暑い夏、明日も少し頑張れそうです。

画像

いかにも、秋。

Japanese pampas grass

ぶらり途中下車~、気持ちの良い青空、そして群生するススキ。

つい、引っこ抜きたくなっちゃうね?

画像

月影薄いよ…

Harvest moon 満月の「十五夜」であるのに、お月様は雲の童子とお戯れ。

誰ぞ、空にため息吐いたのは。

画像

北海道の梅雨?

毎日ジメジメ…梅雨って嫌になっちゃう。この天候、実は内地(本州方面)だけじゃないんですよっ!

この時季、北海道でもよく雨が降ってるんですよね~。しっかり湿気も漂ってるし。2週間くらいずっと降ったりちょいと止んだり。こういうの「蝦夷(エゾ)梅雨」と言うらしいじゃないですかっ。

まぁね、気象庁による梅雨の定義からは外されてしまうような軽い感じなんだけど。気温はやっぱり低めで、夜寝る時肌寒いから布団掛ければ何か汗ばむし、暑いからって腕出せば寒くて目が覚めるしっ。もうどうやって眠ればいいんだーってゴロゴロしちゃう!

25℃前後なのに、蒸して汗かいて脱水気味になっちゃいそうで。あ、熱中症はホントに気をつけないとな~って納得です。

ガッチリ梅雨を経験中の方々からしてみれば、北海道って何だかんだ楽なモンだよね、やっぱり。ぜひ、初夏の北海道へお越しくださ~い!

アサイド

環水平アーク現る!

「環水平アーク」は太陽高度が58°以上の時にしか現れない美しい大気光象で、見られるチャンスは晩春~夏の正午を中心とした時間帯に限られる。同時に見られることは絶対にない「環天頂アーク」(太陽高度が32°以下の時にだけ出現)よりもレアな現象。

5月10日の北海道帯広市内で観測された環水平アーク、これは新聞の1面飾っちゃうクラスの話題だったのでリンクと引用しておきましょう。リンク先が変更・削除されていたらゴメンナサイ~。

「Doshin web どうしんウェブ:北海道新聞の速報ニュース」 から、

帯広上空に虹色の帯 環水平アークを観測-北海道新聞[動画News 風物詩] を。
(該当ページ削除されていたので、リンク解除しますね)

もうひとつおまけに以下引用含む。

続き

アサイド

前へ 過去の投稿

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。