「ひまわり除染」信じて…!

ひまわり咲く季節、この記事に興味津々っ。
福島第1原発:事故29カ月  「ヒマワリ除染」信じて
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130818k0000e040168000c.html
毎日新聞  2013年08月18日  14時12分(最終更新  08月18日  23時41分)

ひまわり栽培による「除染」、そんなこと夢みたいで信じられませんね。だって人為的な放射性セシウムなら自然界では異物だろうし、尋常ならぬ人間の業を根こそぎ浄化してくれるほど、地球上のシステムって都合良く出来てるのかなぁ。うだうだ。

しかし、うだうだ言うのも忘れさせてくれるほど、ひまわりの背よりも追い抜いちゃうんじゃないかくらいの高い志で奮闘している人がいるのです。

ひまわり除染にこだわり続ける天野さん(63)、ひたむきに可能性を追い求める場所は原発事故のあった福島県内。一昨年ひまわりが放射性セシウムを吸収するとされていたが、国は「除染効果は小さい」との実験結果を発表。かつて原発に携わっていた天野さんは、汚染土の除去・再生を諦めてはならない思いを強く根付かせる。まだまだデータは足りていない。

今は原子力機構で原発の安全性などを研究しながら、償いだけではなく安全な未来を創ろうと懸命に向き合っている。ということです。
Sunflower

この花が、薔薇でも秋桜でも牡丹でもなく、向日葵というのが何とも励まされるような気がしませんか?

もしも汚染土が浄化されるなら、自然界というのは本当に神聖で、人智に因って汚されるものではないんだな~と思わせられるよね。太陽のもとに、成功を祈ろっ!

 

福島第1原発:事故29カ月  「ヒマワリ除染」信じて- 毎日jp(毎日新聞)より引用 ↓

ヒマワリなどの植物に土壌中の放射性物質を吸収させ、蓄積または分解することで無害化する技術は「ファイトレメディエーション」と呼ばれる。1986年のチェルノブイリ原発事故を機に注目され、現地ではいくつか効果があったとの研究論文が発表されている。

も少し興味あるときは、こちら。(リンク解除しました)
福島ひまわりプロジェクト →  http://himawari-fukushima.info/

広告

アサイド

環水平アーク現る!

「環水平アーク」は太陽高度が58°以上の時にしか現れない美しい大気光象で、見られるチャンスは晩春~夏の正午を中心とした時間帯に限られる。同時に見られることは絶対にない「環天頂アーク」(太陽高度が32°以下の時にだけ出現)よりもレアな現象。

5月10日の北海道帯広市内で観測された環水平アーク、これは新聞の1面飾っちゃうクラスの話題だったのでリンクと引用しておきましょう。リンク先が変更・削除されていたらゴメンナサイ~。

「Doshin web どうしんウェブ:北海道新聞の速報ニュース」 から、

帯広上空に虹色の帯 環水平アークを観測-北海道新聞[動画News 風物詩] を。
(該当ページ削除されていたので、リンク解除しますね)

もうひとつおまけに以下引用含む。

続き

アサイド

夢を録画する夢を見る

人が睡眠中に見た夢の内容を「解読」することに成功、世界では初。(国際電気通信基礎技術研究所のチームによる。2013.4.4 米科学誌サイエンス電子版掲載)

レム睡眠時の脳活動を解析(脳波計、機械的磁気共鳴画像化装置を駆使)することで、7割以上の高い確率で夢の内容を部分的に的中させることができたそう。実験に参加した3人の方々、200回以上の起床時報告ごくろうさまです。まだ映像化して取り出すことは不可能のようですが。今後は夢だけではなく、想像や幻覚の解読、精神疾患の診断などの分野でも応用が期待されるというから偉業ですわ。

夢、毎日見てると思う? 覚えてないよね、朝目覚ましの音でガバッと起きたりすると特に即忘却。なのに子供の時に見た夢は、今でも鮮明に覚えていて。当時マジで夢と思い出の区別つかなかったことあったからね~。

もし将来、睡眠中に見た夢を映像データ化させて後で鑑賞できるようになったら楽しいだろうなぁ。絶対ワケわかんないことになってるから、短編作品にもならないけど。突拍子もないアイディアの元にはなってくれそうだよね…。薄暗い道歩いていたのに、次の瞬間トウフぶつけて何者かから逃げてるところで温泉入ってたり、なんじゃこりゃ?

necoha には、その日に見た夢の内容をハイテンションでトークしに来てくれるヒトがいますよ。いや、よく覚えてるねぇ~本当に感心しちゃう。どーでもイイと思いながら、でも案外大事なコミュニケーションの時間になってるんだよな~。

いつか大人数の夢集めて、ドリーム・ザ・ムービー Exhibition とかやりたい!

アサイド

ブルー ライトをカットする

日頃から出来るだけディスプレイの輝度を下げて設定しているnecohaですが、巷の風に動かされブルーライトカット・液晶保護フィルム(ELECOM製 21.5w)を購入してみた~。

まずおさらいしてみますと、ブルーライトとは(以下商品説明文から引用)

▼色を表現するために欠かせない要素の一つであり、
     自然光にも含まれている

▼目や体に有害な紫外線と波長が非常に近く、
    可視光線の中でも高いエネルギーを持っている

▼そのため、ブルーライトは眼の角膜や水晶体でも
     吸収されずに網膜まで到達してしまい、網膜の
      機能低下を引き起こす場合があるといわれている

▼長時間見ることによる目への悪影響も危惧されている

続き

アサイド

鏡に映る、あなたはだあれ?

~ ~ 自己愛 ~ ~ ~
ナルキッソス-ギリシア神話に登場。その類い希なる美貌が仇となり、復讐の女神ネメシスの呪いを受けて悲恋の末悶え死に、想いは可憐な水仙へと姿を移した絶世の美少年。 narcissus = 水仙の語源でもある。

彼にとって生涯の悲恋、それは野山に湧く泉に姿を映したナルキッソス自身の美しさに恋焦がれてしまうこと。他者を愛すことを知るように、また愛を手に入れられない苦しみを知るようにと、彼への想いを遂げられない者達がついに天の神へ祈りを捧げてしまったから…。

ナルシ(シ)ズム・ナルシ(シ)ストなんて俗にいう自己愛の強い、自己陶酔スレスレのヒューマンを表現する由来になった切っ掛けのお話です。

深遠な物語をチープにハショってしまいましたが、ここで気になるのは何でしょう。ヒューマンと小じゃれてみても隠し切れない不躾感?

いや申し訳ないけど違うんですっ。

~ ~ 自己認識 ~ ~ ~

ナルキッソスはなぜ、水鏡に映った人物を自分の姿であると認識できなかったのかなぁと。それとも虚像と気付いてなお、深い泉に身を落とすほど見境無くなっちゃったのかなぁ(呪いコワッ)。

話によると「鏡映認知」という言葉があって、鏡に映った自分を自分であると認識できる能力とのこと。赤ちゃんには備わっていなく、生後1歳6ヶ月頃~2歳頃に自己認知能力が備わるそうです。ちなみに「今」という時間間隔で生きているので、2秒前の姿を映像で見せても2歳頃の幼児はまだ自分として反応できないとか?

こちらの話も興味深いので、興味ありましたらリンク先ご覧下さいませ。
開 一夫 研究室  →  研究紹介 > 乳幼児に関する研究

~ ~ 鏡像 ~ ~ ~

でね、もうナルキッソスのことは見逃してあげるとして。先ほどの鏡映認知能力、実は人間以外の動物にも多々見られる反応なんでしゅよ。まずチンパンジーさんは余裕でしょ、犬&猫のみんな、カラス君カササギちゃん…妥当かな、あとイルカ様はやっぱりねぇ、象公ヤツは大したもんさっ、アラヤダ豚どんアンタもかいコリャ一本取られたなゆうて。一番「おやっ?」と思ったのはヨウム氏あなたです!

何ゆえオウム先生は差し置かれてしまったのでしょう?

「我こそは」という、動物界からの満を持しての参戦、今後とも期待しております。

~ ~ 神秘 ~ ~ ~

話題も尽きてきたので最後に一つ。自己認識の第一歩である「鏡映認知」は客観的に自分を見る大切な能力ではあるけれど、怖いもので。何しろ自己を客観性から認識できない他の動物に、自ら命を絶つことなど有り得ないのだから…。

「鏡よ、鏡。この世で最も恐ろしい生き物は、私でしょう?」
 

アサイド

ブルー ライト(青色可視光線)って?

予想される危険性と個人的な見解

イマ網膜の健康を守るためにブルーライトをカットする努力が求められていますよね。液晶ディスプレイなどからの発光ダイオード、いわゆるLEDバックライトの光エネルギーが視力等に害を及ぼすっていう、ブルーライトハザードが叫ばれていて。
(まだ難しくて理解できてないっ)

そもそもその青色可視光線てのが紫外線の波長に最も近いレベルなんだそうです、他のどの色の可視光線よりも。だから長時間浴びることによって、体内時計までをもいずれ狂わせてしまう強いエネルギー・影響力が懸念されているんですね。

ガンガンに明るいと睡眠につきにくいじゃないですか。そんな感じで変に興奮してるんだと思う、人間の体が。もちろん目の奥にまで届く光線は網膜を不調子にさせている立派な要因であって、LED未満の蛍光灯でさえ日に焼ける条件(紫外線の波長)を持っているんだから…。

特に携帯電話など至近距離でディスプレイを見つめる端末なんかは、網膜へのストレスが過度であることは明白でしょう。別方面で、依存ていう心配もあるから使用には幼い時から充分気を付けてあげんとなぁ。

続き

アサイド

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。