フキノトウびより

今日、統一地方選…はいいとして。帰りに少し足伸ばして川沿い散策しました~。残雪溶けきらない中、あちこちフキノトウが顔を出していて可愛らしい♪

すっかりご機嫌で歩いていたのですが、何せ靴が。土手がフカフカで若干ヒールがグサグサで…傾斜下りようとして前のめりに転ぶなんてね…。何か変な濃い色の植物を膝下で潰してしまいました、ショック☆

淡いブルーのデニム地履いてたのに…でも染みがそういうデザインなの?風なパターンの鮮やかグリーンになったから、まいっか。

おフキノトウ見の代価デッカイ、1人だったの恥ずかしかった!

広告

画像

秋の花咲いてる

しれ~っと秋になりましたね~。

一年で今が一番気持ち良くて、歩いても走っても!

近所に萩の花がモサモサッと咲いています、確か萩の花…ですよね違う…?

Flower

土手に発見。これは…えー、何顔でしょうね?  真昼に咲いていたけども。

Flower

(急に思い出した、フジテレビ系ドラマで話題の「昼顔」、あれエンディングの映像好きなんだよねぇ)

そしてやっぱり秋桜は欠かせません、秋といえばコスモス。
コスモスといったら秋!

Flower

いや、別に、花そんなに好きな訳じゃないんだよ…実は。

画像

桜狩り

サクラガリ
意味

桜の花の見物に、山野を歩き回ること。観桜(かんおう)。
鷹狩りの異称。(皇室の狩猟地が桜の名所でもあったことから)

~necoha の耳~

紅葉狩りって毎年秋になると聞くけれども、桜バージョンもあるんですね!

「~狩り」という言葉が観賞する意味を持つようになった訳は、かつて狩猟をしない貴族が、花や草木を眺めるためになら野山をめぐったという様子から。

なんか皮肉半分じゃない?…雅なのか?…分からないが、ウマイたとえな気がするよね。

今年は風が強い日も多くて、咲き始めと散り際を垣間見た程度で終わってしまったわ。ましかし、葉桜も芝桜もナカナカ良い味出してきてるよっ!

アサイド

夕陽に向かって歩いてますよ

自家用車が出払ってしまって、泣く泣く徒歩で二時間半…。

もう足の裏がめっちゃ痛いし靴の底すり減るし、若くもないんだし辛い道のり。

Sunset

 
けど夕陽がきれい、空の色も花の色も何かきれい。
 

Azalea

汗ばむけれども暑すぎず、そよ風が歩いて気持ち良い。

あ~~早く帰ってご飯にしたい。

画像

いかにも、秋。

Japanese pampas grass

ぶらり途中下車~、気持ちの良い青空、そして群生するススキ。

つい、引っこ抜きたくなっちゃうね?

画像

「ひまわり除染」信じて…!

ひまわり咲く季節、この記事に興味津々っ。
福島第1原発:事故29カ月  「ヒマワリ除染」信じて
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130818k0000e040168000c.html
毎日新聞  2013年08月18日  14時12分(最終更新  08月18日  23時41分)

ひまわり栽培による「除染」、そんなこと夢みたいで信じられませんね。だって人為的な放射性セシウムなら自然界では異物だろうし、尋常ならぬ人間の業を根こそぎ浄化してくれるほど、地球上のシステムって都合良く出来てるのかなぁ。うだうだ。

しかし、うだうだ言うのも忘れさせてくれるほど、ひまわりの背よりも追い抜いちゃうんじゃないかくらいの高い志で奮闘している人がいるのです。

ひまわり除染にこだわり続ける天野さん(63)、ひたむきに可能性を追い求める場所は原発事故のあった福島県内。一昨年ひまわりが放射性セシウムを吸収するとされていたが、国は「除染効果は小さい」との実験結果を発表。かつて原発に携わっていた天野さんは、汚染土の除去・再生を諦めてはならない思いを強く根付かせる。まだまだデータは足りていない。

今は原子力機構で原発の安全性などを研究しながら、償いだけではなく安全な未来を創ろうと懸命に向き合っている。ということです。
Sunflower

この花が、薔薇でも秋桜でも牡丹でもなく、向日葵というのが何とも励まされるような気がしませんか?

もしも汚染土が浄化されるなら、自然界というのは本当に神聖で、人智に因って汚されるものではないんだな~と思わせられるよね。太陽のもとに、成功を祈ろっ!

 

福島第1原発:事故29カ月  「ヒマワリ除染」信じて- 毎日jp(毎日新聞)より引用 ↓

ヒマワリなどの植物に土壌中の放射性物質を吸収させ、蓄積または分解することで無害化する技術は「ファイトレメディエーション」と呼ばれる。1986年のチェルノブイリ原発事故を機に注目され、現地ではいくつか効果があったとの研究論文が発表されている。

も少し興味あるときは、こちら。(リンク解除しました)
福島ひまわりプロジェクト →  http://himawari-fukushima.info/

アサイド

桜、名残惜しく

 

やっと春っぽくなってきたなぁ~と思ったら束の間、桜の花もお別れを言いたげです。

今春もう最後なので記念撮影しておくね。

画像

枯れ華

The flower 1
The flower 2The flower 3
The flower 4

満開のイキイキした頃も良いけれど、シオレギワに不思議と味わい深くなるのが世の常なんですねぇ。忘れてはいけない美しさに、放ってはおけない儚さに、心が惹かれて秋風に震えているのでしょう。

画像

前へ 過去の投稿

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。