ふと頭をよぎる

唐突ですが…

「恋愛の何がしたいのか、苦行としか思えない」みたいなイメージ持ってる人と居たらね。

「何でしたいの?」
「何でしたくないの?」

の終わらない応酬。脳内吐血必至(´0`lll)。。

「スカイダイビング行こうよ!」
「嫌だ高所恐怖症!」

みたいな所から始まる話かなぁ…スカイダイバーは何も悪くない前提です☆

ただ高所じゃなければ良かったのに、とね。情けないほどに思いっ切り命の出し惜しみしちゃうんだろうな~…中二階から飛び降りジャンプする遊びと比べると次元が違いすぎて。

そもそも何故そんなに飛び降りないといけないの、、

地上の何を見下ろしたいんだろう~って。

 
このところ告知されている映画、少女漫画系が多いなぁと思い。全然受け付けないの自分でも不思議だなっと思いました!

ほぼ料理しない身として

こうやって幸せに生きてきた。という気もする。

モッツァレラよりカッテージ?
そういやチーズ風味なはずだよねぇ。美味しいヨーグルトね♪

別にアレルギーな訳じゃないのにシズクが飛び跳ねて手の甲に付いただけでも腹が立つほど、牛乳大っ嫌い憎たらしい☆

栄養の為にアレンジして飲むけれど申し訳ないくらい愛情湧かない、ごめんね牛たちよ、感謝はするよ。だって生まれも育ちも、ミルクランドなのですから…。

頑張って牛乳飲もう~シリアルとかなら大丈夫だし。しょっぱい料理に少し入れたら騙されて美味しいから。

だいたい甘味と鹹味をごまかしたい時には積極的に牛乳を用いるのでした。そうしないと牛乳まんま飲めないし飲みたくないからねぇ。

他の乳製品なら大好きなくらいなのに不思議…。偏食~。

気抜け

Picture_bird?

暑い夏も終わるとさ、何か気が抜けちゃいませんか。

何だろう、自分の所業なんだけど…見れば見るほど「モヤッとする」絵が。

画像

雨雨な毎日…

正直、北海道は涼夏。気温、21度とかを前後しています。

それで雨は若干寒い…けど何か着ればジメッとするよ~!

本場の梅雨って、どんくらい大変なんだろうなぁ…。

Picture_snail

せめて可愛いカタツムリと出会いたい☆

画像

支えあおう、世界の思い

この番組はNHKオンデマンドで配信されているとのこと。

「どうする、これ~もう仮設の大切な鍋~!」

叩いて凹まして唄って踊って皆が大笑いしている光景、不思議と涙が滲んできたよ。その鍋で、この3年間仮設住宅で、どんな物を煮炊きして食べてきたんだろうなぁ。

「でも良い、すごく良い。この映像を、逆にニューヨークの人達に見せてあげたい!」

ほんと、イイモノ見せてもらいましたっ。

シャズピアニストのボブ・ジェームス氏が東北に訪れ、被災者でありバンドマンの身の上話に心を寄せ、しかし前向きな言葉と感謝を告げられ去った後に涙する場面にやられちゃったね。

沁みた~ジャズに親しみ無かったけど~!

被災経験を語る為ストラスブールに招待された女子高校生の人、優しい笑顔と声色すごく愛らしいと思った。

「どれだけの苦しみと悲しみを抱えているのか、目を見て瞬間に理解した…」とはホームステイ先の御夫人が語っていたけれど。

今回の体験・イベントを通して彼女は、町ごと避難して約3年、やっと「私ここに居ても大丈夫なんだ」と安心感を持てたそう。ずっと不安だったんだー…。

今日5月25日の午前10時5分から放送された、NHK総合「明日へ-支えあおう-『音楽が心をつなぐ~世界の思い 東北へ~』」を見た感想でした。

・番組趣旨

世界は震災を忘れていない。震災3年を前に世界3か所「仏ストラスブール・米ニューヨーク・米ニューオリンズ」で開かれた復興支援コンサートと、その様子を伝える東北上映イベントの様子を、ミュージシャンの熱いメッセージと共に伝える。
【キャスター】畠山智之【出演】滝川クリステル、ボブ・ジェームス、小曽根真、ベン・E.キング、大江千里、庄司紗矢香、ケニー・バロン、ロン・カーター、ジョン・スコフィールド、ボビー・コールドウェル他

仏ストラスブールのコンサート全編は6月9日(8日深夜)の「プレミアムシアター」(BSプレミアム)で放送予定!

アサイド

ラジオ終わっちゃったなぁ

2年間いつも楽しく聴いていた「久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン」、ついに最終回だったの~。

何で続かないんだろ…本業マンガ家だからか…おもしろいのに!

ラフレの皆さんには感動をもらったよ、楽しい時間をありがとうぅ残念極まりありませんよ~っ、まだ聴きたい!

春よ、鯉


青い涙が綺麗だ

風に吹かれて泣いている

独りじゃないよと叫んでいる




風よ吹け吹け

二度と地面に零れるな

二度と潮に呑まれるな
 (うしお)




僕等はいつでも潮風だ

青い涙よ零れぬように

淡い光よ呑まれぬように

未来に向かって吹いている




いつまでも想いを続けて風になる


From necoha


 
今年も「青い鯉のぼりプロジェクト」が大空を仰いでいるようです。

アサイド

受験の猛イベント感1

いよいよ日本中で受験色真っ盛りなシーズンですね。何か意味もなくドキソワしながら日々を過ごしている今日この頃、necoha も受験生だった時があったなぁ…。

街に出ても、目に入るのは「受験生応援セール」とかだもんね。すっかり商業イベント化されちゃってさ、おぃおい本当に心配してくれてるのかいなっと逆に当事者を心配したくなる始末だよ。

特に気になってしまう、商品パッケージのデザインだけが「合格祈願」「必勝」とかの受験便乗型商品。何だろう、あの感じ。むしろ野暮な売り方してるな~と思って。

受験生応援とのたまいつつ、受験への不安心理を逆手にとって、健気な受験生から金銭巻き上げようとしてるよっ。まぁ歪んでるな、我ながら。受験生から応援してもらっているのは、実は企業の方なんですね… これだから毎年盛況な訳だ「受験商戦」ってやつは。

それでも「大人達は受験生のことを思いやっているよ、皆あなたを見守っているよ。元気を出して頑張りな。」っていう社会からの温かいメッセージが届いているんでしょうね。暗いモンじゃないし、賑やかな気分で今の時期を乗り越えられそうかも?

ちょうど、合格祈願にまつわる楽しそうなサイトを見付けた。興味のある方はどうぞです、「合格祈願グッズ」と「合格祈願 食べ物・お菓子」のページが参考になるかな。

受験だ!合格祈願
http://www.advice-navi.com/examination/index.html

 

人生の中で、受験というイベントは学園祭と変わらないもの。

 
それぞれのプログラムは違っても、誰もが成功させたい気持ちは同じで一生懸命奮闘している。

一人舞台に見えたって、必ず裏で支えてくれる協力者がいるよ。

どれだけ準備がきつくて辛くても、自分のパフォーマンスに磨きをかけて。

 
受験先に目一杯のサプライズを思い知らせてやればいい、相手は鬼じゃなくて、お客さんだ。

受験生は皆、最高のパフォーマーだと思うから。

 
受験の猛イベント感2」へ続く予定。

アサイド

前へ 過去の投稿

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。