情けは人の為ならず

ナサケハヒトノタメナラズ
意味

他人に情けをほどこせば、いつか巡り巡って良い報いを自分も受ける。

~necoha の耳~

間違って、「誰かに親切することは、その人の為にならないんだ」と解釈している日本人も多いとか少ないとか。

すごく言われたわ、子供の時、どっかの大人に。人に優しくなれ、思いやりを持ちなさいってね。必ず自分に返って来るよ~みたいな。

そんな時に「小さな親切、大きなお世話」って言葉も言われてしまってさ。いやいや、どっちだよ、難しいわ加減が分からんわ。もう何もできんくなるわっ!てゆう。

もし、相手の気持ちを理解しようと思っていれば「己達せんと欲して人を達せしむ」に近付けていたのかもしれませんけども。

だって子供だったし、あの時は混乱したなぁ~…。まぁ先人はいろいろな事を教えてくれますよね、うん!

広告

アサイド

小人閑居して不善を為す、至らざる所無し

ショウジンカンキョシテフゼンヲナス、イタラザルトコロナシ
意味

つまらない人間はヒマでいると、とかくよくない事をする。
小人は一人でいる(他人の目がない)と、悪い行いをして際限がない。

~necoha の耳~

だから何なのよ、という…でも結構そうかもしれません。だって自覚あるもんなぁ。ア、だから小人なんだ(大きい声で言うしかない)けどね。

反対に徳が高く、人格者と呼ばれる君子となると独りでいる時だって自分に誠実。

見られてなければ悪さしてもいいなんて考え、軽くお見通しされちゃうから自分(necoha)自身いつも恥ずかしい思いをしているのさ~。

目指すは、独りの時にも真心を正しく持っていられる慎み深い人間になることなのにゃー! (いいなぁ君子はさ、あんまし労働階級じゃないんでしょ…。)

アサイド

一期一会

イチゴイチエ
意味

一生に一度限りの機会であること。

~necoha の耳~

相手との出会いは、たった一度今日限りと思って、誠意をもって接しましょう。そうすれば腹の立つことがあっても、お互いがゴキゲンに過ごせるように(我慢は今だけ!)親切にって思えるんですよ。

いつでも初対面の気持ちです。だから、人見知りがなかなか良くならないんですよねぇ。

逆に、どうせ二度と会わない人だし悪態ついちゃえ、と思う時もあったけど…。

アサイド

一樹の陰一河の流れも他生の縁

イチジュノカゲイチガノナガレモタショウノエン
意味

知らない者どうしが偶然に同じ木陰に雨宿りしたり、同じ川の水を飲み合ったりするのも、みな前世の因縁によるものである。

~necoha の耳~

この一瞬に目が合うことも、不思議な縁だったりするんです。しばしば望んでいなくても… 運が悪いなんておっしゃらずに、髪にからまった小枝も自然にはずれるような風が軽やかに吹くのを待ちたいものです。

アサイド

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。