暦の奇跡月

2014年の9月8日が十五夜(中秋の名月)で、10月6日が十三夜でしたが、なんと今年には3度目の名月がある!

それが11月5日の「ミラクルムーン」なんですね~、思ってるより満月じゃなかった…。2度目の十三夜ということで「後の十三夜」と呼ばれるそうです。

moonlight

これは旧暦で約3年に1度、1年を13ヶ月とする「閏(うるう)月」が挿入される影響で、2014年だと旧暦9月と10月の間に閏9月が入れられています。

暦の上では旧暦9月13日が2度出現することになり、そのため2度目の十三夜が観られるというのですね。

閏月が挿入される位置は(詳しく知りませんが法則により)その年ごと異なるため、今回のように1年に3度も名月が観られる機会というのが何といっても171年ぶりだということなので、一生に一度のミラクルだったのです!

しかも月の出から月の入りまでが約12時間もあり、ほぼ一晩中お月見が楽しめるという、まさなる一大イベント感が本当に素晴らしく☆

moonlight

しかし…お月見の風習に特に興味が無ければ、どうってことない普通のお月様だけどね…って言わないでください~。

とにかく綺麗な月光っぷりでした、大満足。コンデジで綺麗に撮れなくて、残念!

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。