青たん

アオタン
意味

青あざ。皮膚に打撲を受けたとき等に内出血でできる青い痣(あざ)。
北海道の辺りでの方言。他の地方でも分布?

~necoha の耳~
これは子供たちの世界では相当言ってるよね、どっかぶつけるからね、元気良くて良いけどね。

「何したの、この青たん!」「跳び箱にぶっけた時できたーっ!」とか日常的に遣う言葉なのですが、同じくらい言うのが「ぶす色」なんだよねぇ。

「うわ、ぶす色になっちゃってる。」「ほら、湿布貼っておかないと!」ていう感じですかね。青よりもっと濃い青紫っぽく内出血した時の色が、ブスに見えるってことなんでしょうか??

大事なことは、つまり。「青たんが出来る≒ぶす色になる」。そして年齢を重ねると共に治りにくくなる… 悲。

おっかしいなぁ~、こんな所ぶつけた覚えないんだけど…なんか痛い気がすると思ったら。

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。