己達せんと欲して人を達せしむ

オノレタッセントホッシテヒトヲタッセシム
意味

自らの目的を成し遂げようとするとき、まず人を助けて目的を遂げさせてやるものである。
仁ある者、よい事を行うのに自他の区別をしない人のことをいう。

~necoha の耳~

とりあえず「論語」からってことで。仁ある者の「仁」とは何かと気にしてみたら、一切を包容する分け隔てない心、つまり「自他の区別がない」ということだそうですよ。

個人的なイメージだと…こんな感じかな?

  • おいしいパンが食べたいなーと思ったら、他の人も同じように思っているかもしれない
  • だから、おいしい1個のパンがあったなら分けて、自分より先に相手に食べてもらおう
  • 後でお返しに、おいしいスープをごちそうしてくれたよ

という想像をしてみました。話変わっちゃったか、後半「情けは人の為ならず」に係わってきてる~!

大事なのは…自分も他の人も、きっと同じなんだろうなって思いやる気持ちを持つことなのかねぇ。やっぱり相手の思いを理解出来ないままじゃ、自分のやりたいことも結果的に出来にくい状況に陥ってしまうもの…。

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。