桜狩り

サクラガリ
意味

桜の花の見物に、山野を歩き回ること。観桜(かんおう)。
鷹狩りの異称。(皇室の狩猟地が桜の名所でもあったことから)

~necoha の耳~

紅葉狩りって毎年秋になると聞くけれども、桜バージョンもあるんですね!

「~狩り」という言葉が観賞する意味を持つようになった訳は、かつて狩猟をしない貴族が、花や草木を眺めるためになら野山をめぐったという様子から。

なんか皮肉半分じゃない?…雅なのか?…分からないが、ウマイたとえな気がするよね。

今年は風が強い日も多くて、咲き始めと散り際を垣間見た程度で終わってしまったわ。ましかし、葉桜も芝桜もナカナカ良い味出してきてるよっ!

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。