NOモンスター、NOテレビジョン?

某局某番組での「一般女性に3発ビンタ、夫人・激おこぷんぷん丸!」事件がヒートアップしているみたいですね。怖いコワい…。

だいたい一般女性ってどんな人だよ。お小遣い目当てにノコノコやって来て面白がって、「スタッフの指示通り(嫌な女を)演じて盛り上げただけなのに、夫人から暴行受けました!」って警察に被害届提出とか。どこまでも厚かましいねー、恥を知らないのかねっ。

そもそも多分あの夫人、「世直しして差し上げるわ」クラスの目線で番組に出演しに来てるんじゃないの。近頃ただでさえ、病床に臥す友人のことでナーバスになっているだろうに、それを過剰演出だと告げずに夫人を故意に憤怒させて何が楽しいわけ?

こんな人の気持ちも無視する、無情でつまらない番組に心をもてあそばれるのが一視聴者として不愉快だよねぇ。何が盛り上がるようなことかって。

というか訴えるならさ、一般女も夫人個人でなくテレビ局を訴えようよ。一般女(演出認知)対、夫人(演出未認知)では元からアンフェアでしかないじゃん。大衆の面前で大恥かかされたと勘違いする前に、自分の羞恥心のスタンダード整えろや~。

夫人がこの騒動を少し語ったのは、かの友人の葬儀の日だよ。マスコミも遠慮しないよね。喪に服す夫人を捉まえて、しめやかな場でどう謝罪の意を吐き出させようかとまくし立てるつもりかっ!

若々しく達者なスタイル貫いてるけど、相手は年齢的に老いてるんだよ。これが心労にたたらないわけないのに、どれだけ憤慨催していることか想像してみなよ。自分のおばあちゃんとかが責められていたら可哀相で堪らんでしょ~!

と思っていたら、さっすが夫人は強者です。何と今度は、共演者中の女医をターゲットに口やかましいこと言ってるよ。ブログで結構ひどいこと言ってるよ…。

手短にまとめると、「この可愛げも女らしさのひとかけらもない(中略)女の顔を平手打ちした方が良かったかもしれませんね、今思えば… そうしたら『よくやってくれた』ってたくさんの方からお礼を言われたかも」的な発言。お、お門違くね…?

それはさぁ、女医も他番組で「収録はお通夜みたいになりました」くらい語ったかもしれないけど、この言い方なら優しさじゃないの。人生ちょうど色々抱えてたんだろうし…、まぁ誰もがかもだけどさっ(分からんですが)。

しかし、この事態を説明した某局は「詳細を把握しきれていないので現時点でのコメントはできない」「外部制作の番組のためどういう演出があったのか分からない」などと無責任っぷりを露呈し、世論の激しい批判は当然至極然りだよ!

テレビ情報を公の人知と信じている視聴者がいることを、忘れないでいて欲しいから。

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。