やっぱり?国産だよね

「国産」への絶対的信頼、案外あっさり否定されちゃうのかな。大事に買ってきたお肉、一体どうなっているの?

「国産牛」…外国で飼養された期間より1日でも長く日本で育てられた牛なら「国産」となる。

合い挽き肉が「国産」と表示されている場合、日本産肉が6割以上ということ。外国産肉が4割でも「国産」なんですね、ビミョーだなっ。むしろ合い挽き肉の5割まで占有しなければ特別産地を表示しなくていい分、何入っているかコワイですよ~。割合に因りますが…。

ミンチ肉が割合関係なく産地表示を明確にしなければならないのは、生鮮食料品に該当するから。合い挽き肉など複数種が合わさった物は加工食品、ミンチ肉は単数種なわけで生鮮食料品に分けられているのです。同じ生肉じゃん、て思うけどなぁ。

「和牛」「地鶏」「黒豚」は品種の名前なので、ちょっと違うけれど。「和牛」って基本日本生まれ日本育ちなのは、海外に存在していないからだって。もし外国で生産されても「和牛」は「和牛」として売られるそうです。ほふぉー?

和牛 - Wikipedia地鶏 - Wikipedia黒豚 - 日本養豚協会(トップページはこちら

関連記事
便乗謝罪が止まらない!
食品に関する表示の曖昧なルール
やっぱり国産でなきゃ!
●やっぱり?国産だよね
ジュースのパッケージ見てみよ

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。