やっぱり国産でなきゃ!

安心安全、「国産」は日本人の誇りですよね。でも、この先入観こそガッツリ利用されちゃってるのショックだわっ。

「国産シイタケ」…中国で栽培されたシイタケを、おがくずごと日本に輸入。さっくり収穫したのは日本ということで「国産」といえる。

「国産シジミ」…北朝鮮産のシジミを日本に輸入、適当な浜に一旦埋める。しばし放置後、日本で収穫されたということで「国産」といえる。

「収穫された最終の地名を生産地として表示する」現状ルール、こんな適用のされ方してるよ。俄然腑に落ちないですねぇ…。

魚の場合「国産」というと、日本籍の船が漁獲した証。「日本産(インド洋)」など海洋域まで表示されます。同じ海洋域で同じ魚を韓国籍の船が漁獲すると「韓国産」になるわけ、そもそも魚って泳いでいるから産地固定するの難しいもんね。

ちなみに、刺身単品には産地表示の義務あるけど、数種類の刺身が盛り合わせになると産地表示ナシなの。これも回遊魚をいちいち把握する手間掛かるし、何せ閉店間際に見切り品を寄せ集める都合も考慮されてのことだとか。

関連記事
便乗謝罪が止まらない!
食品に関する表示の曖昧なルール
●やっぱり国産でなきゃ!
やっぱり?国産だよね
ジュースのパッケージ見てみよ

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。