エシカル消費という意識

「エシカル」は倫理的、道徳的という意味の英語(ethical)であり、「エシカル消費」とは地球環境や社会貢献といった一層広い視野での倫理的な消費を求める活動のこと。元は「エコロジー」から想起されたもの。

たとえば、フェアトレードの商品を買うこと。これは発展途上国などで作られた農作物や製品を適正な価格で取引し、不当な搾取を防ぎ、貧困国の不平等を改善することにつながります。フェアトレード・チョコレートって、ありますよね。アンフェアな状況下では多く、カカオ農園では少年達がタダ同然で働かされていて、中にはチョコレートというものすら知らない子供がいるのも事実なのです。

反対に、環境破壊を引き起こしている、不当な児童労働をさせている、人権侵害を招いている、このような企業などからの商品やサービスを買わないこと。かわりに発展途上国への寄付や支援付きであったり、伝統を職人技で受け継ぎ残そうとするもの、リサイクルやカーボンオフセットなど地球環境に配慮した企業の商品などを積極的に買うことが進められています。

エシカル消費において、消費者とは単に商品やサービスを入手し満足するだけではない。それらを購入することによる福祉などへの派生効果、将来的なエコロジー意識をも見据えている。個人的なコスト・パフォーマンスだけではない、地球規模の環境保全や愛他的な思想までも取り込もうとする時代の消費スタイルなのです。

こうした風潮が顕著になったのも、一つに東日本大震災が大きな切っ掛けだった。初めは消費すること自体に罪悪感が付きまとい、自粛ムードにより落ち込む消費活動。しかし被災地に対する風評被害が高まるにつれ、消費者達の思いは変わっていった。寄付のかたちではなく、自分達が「消費する」ことで直接「応援する、支援したい」という復興に向けての消費活動 が盛んに行われるようになったのです。

それまでの「安い」「安全」「美味しければいい」という一般的な消費の考えから脱却した、コミュニケーションを伴う意識的なエシカル消費が生まれたのは紛れもない真実。この動向を企業側も感知し、ビジネスと結び付けて商品の訴求力を高めようと活発にPRされました。

どちらかの商品を購入しようと迷った時、消費者は福祉や支援などの倫理的価値が感じられる方を選ぶことができる。企業としても社会的なイメージを向上させられ、消費者も第三者を思いやるエシカルな活動をしたと満足を感じられる。コスト上の負担は増したとしても、売り手と買い手双方にメリットがあるのです。

しかし都合の良いことばかりではない、問題や課題もある。エシカル消費を大義名分として、消費者は購入時の迷いや抵抗をただ振り払いたいだけなのかもしれない。もしかするとエシカル活動は一過性のスキームであって、便乗売り上げを期待しているだけの弱い企業もあるかもしれない。実際に支援した内容が消費者に明白でない場合も含まれるでしょう。

それでも、今後ゆっくりでも「エシカル消費」の意識は確かなものになっていく。個人ができることを少しずつ積み重ねていく、永い時間を掛けて消費者は生産支援者に生まれ変われるから…。そのように願っています。

 

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。