~ラジオ~

3月26日(火)午後10時にNHK総合で特集ドラマ『ラジオ』が放送されました。

【原作】某ちゃん。 【脚本】一色伸幸 【演出】岸善幸(テレビマンユニオン)
【出演】刈谷友衣子、吉田栄作、安藤サクラ、新井浩文、山本浩司、藤原薫、夏居瑠奈、豊原功補、西田尚美、リリー・フランキー

NHK ONLINE
「ラジオ特集ページ」から一部引用 ↓ (http://www.nhk.or.jp/program/onagawa-drama/)

"東日本大震災の被災地・宮城県女川町に実在する「女川さいがいFM」から生まれたドラマ。被災地に生きる女子高生と彼女を見守る大人たちが織りなす青春群像。"

窓から見える隣の景色って感じで、よそ見しながら最後まで見ていました。何て言えば良いのかわからないけれど…すごくヨカッタ。これが気持ちで、こんな心だったんだなぁと思ったらシビれた。会いたくなった。抱き締め合いたいと思ったし願った。

「一度でも支援した」って免罪符出されたら…。被災者である人が呟いた感謝の言葉、寂しかった。印象的だったな、リリー・フランキーさんの演じる姿。

ドラマの域超え。透明なフリした窓の1枚が、土砂降りの雨音を無視してた。自分のだ。

前述の「ラジオ特集ページ」内で「番組情報」の項目に「脚本家のことば」として一色伸幸氏のメッセージがあって、実際に某ちゃん。のお宅に赴いてご家族やFMの仲間と語り、みんなで脚本を書き上げたというのです…。

"話を交わすほどに、自分が部外者であることを突きつけられる。外から目線で同情して泣き、口先で応援することにも意味はあるだろうけど、照れくさいし、失礼だとも感じた。"

そこ読んだらまた泣けてきちゃいそうになったよ。(↑ 一文引用)

で、某ちゃんに惚れた~。今年一番ロックに圧倒されました!

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。