~さる・~しらさる

~サル・~シラサル
意味

北海道地方独特の言い回し。
「自らの意志ではなく自然とそうさせられてしまう」という言い逃れ的表現、
または「そうさせられることが可能」という状態の表現だったりすると思う。

~necoha の耳~

これは説明するのが難しいところなので、大体の感覚で言っちゃいます。

たとえば「押ささる」というと「そのつもりは無かったのに、思いがけなく押してしまう」みたいな感じですかね。無意識につい、うっかりな気分が近いのかな。「ゴメン、余計なとこクリックしらさった!」と言われたら、あ~間違ってしらさっちゃったんだったらしょうがないねぇって納得しちゃうんだから不思議だよ。

その言葉には決して故意や悪意は認められなく、責任も負わなくて済む言わば無敵の神表現と言えるのかもしれません。
過言か!?

それと違って単純に「書かさる」は「書ける」だったり、「上手く行かさった」だと「上手く行った」だったりします。「つい書いてしまう」も「書かさる」で通じるなぁ。

あと「転ばさりそう」とも言うんですが、これは「転ぶことが可能な条件のもと、そのつもりは無いのに転ばせられてしまいそう」的なニュアンスだと思う… 考えたら逆にワカンナイや?

もちろん否定にも言うの。「刺さらさらない」=「刺さらない」とか「乾かさらない」=「乾かない」なんて、なぜか遠回しなんだよね~。「寒くて外に出らさらない」「懸賞当たらさらないな」「寝坊しらさらない方法教えて」など、キリが無いくらい日常語なのです。

あたかも誰かにさせられたと言わんばかりの極めて受け身的な表現… こう思わさっているのはnecoha だけじゃないはずっ。恐るべし北海道訛り!

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。