ブルー ライトをカットする

日頃から出来るだけディスプレイの輝度を下げて設定しているnecohaですが、巷の風に動かされブルーライトカット・液晶保護フィルム(ELECOM製 21.5w)を購入してみた~。

まずおさらいしてみますと、ブルーライトとは(以下商品説明文から引用)

▼色を表現するために欠かせない要素の一つであり、
     自然光にも含まれている

▼目や体に有害な紫外線と波長が非常に近く、
    可視光線の中でも高いエネルギーを持っている

▼そのため、ブルーライトは眼の角膜や水晶体でも
     吸収されずに網膜まで到達してしまい、網膜の
      機能低下を引き起こす場合があるといわれている

▼長時間見ることによる目への悪影響も危惧されている


< エントリーの続き >

近年のデジタルライフで液晶ディスプレイを見ない日は無いほどですよね。そのディスプレイのバックライトにこそ、LED(発光ダイオード)が多用されていて…それまでの蛍光管ディスプレイに比べると構造上ブルーライトの成分が多く含まれている、という事実があるそうです。

つまり、目や体をブルーライトの影響から守ろうという気持ち。だって今以上に目を疲れさすのは困るし、体内リズム狂わすのも恐ろしい話じゃないですかっ。

それで早速、付属のヘラを使ってパソコン画面に液晶保護フィルムを貼り付けようとして気付いたのです。フィルムによって色の見え方ってどう変わるのかと。

普段どちらかというと色の趣を気にする方なので、心配になって画面サイズの大きさよりも右側3分の1程度のフィルムを切り落としてしまいました。我ながら思い切った判断、やっぱり色の見え方が違うんですよね~。ブルーライトカットの趣旨からは逸れちゃうけど…、微かに黄色グレーっぽいんだもん。

色を気にする用のない時だけ、切り落としたフィルムを画面フチに乗せ(貼り付けず)カバーして使うことにしています。貼る方より少し不透明なのが気になるけど、わりと融通利くのかなぁと。

それに、貼った方のフィルムの端っこ小さく三角にツメ立てておいた。いざ気に入らなくなったら簡単にはがしたいもんね。

ここまで書き連ねて、ブルーライトをカットするフィルムの効果はどうなのかと尋ねられたらこう言おう。明確な実感はまだ有りません、しかし安心感は間違いなく持てますよ、と。

それでは、本年も健やかなデジタルライフを楽しみましょう!

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。