御神籤<OMIKUJI>2

前回の、御神籤1のお話から…

******necoha の聞きかじり******

御神籤にまつわるお話

< エントリーの続き >

古くは国の政(まつりごと)に関する事項を決める際に、神様の意志を占うために「クジ」を引いて決めていたのが始まりと言われています。しかし今では、参詣者が個人の吉凶を占うために行われるようになりました。

吉凶の多くは7段階の「大吉-中吉-小吉-吉-末吉-凶-大凶」と
「大吉-中吉-小吉-吉-半吉-末吉-末小吉-凶-小凶-半凶-末凶-大凶」の12段階の
ものがありますが、他にも寺社によって段階や順位については様々、異なる場合も間々あるようです。

「吉」だから何でも良いとか、「凶」だから全て駄目というのではなくて、一つ一つの説明に何が書かれているかが重要です。そもそも御神籤とは神様からのご託宣(=神のお告げ)なので、非常にありがたく貴重なものですから、あまりに何度も引き直すことは感心されません。「凶」であっても用心して誠実に事にあたれば災い転じて福となすこともありますし、そのまた逆も然り。「吉」と出ていても御神籤を指針に気を付けて過ごしましょう。

また、持ち帰らない場合、境内の木々の枝に結ぶことは民俗信仰によるもので、木にとっても生育の妨げになります。そのため御神籤を結ぶ場所があらかじめ設置されている場合は、必ずそちらへお納め下さい。

*********************

あくまでも、自分にとってポジティブに解釈しちゃってオーケイなの。期限終わりって思えば特別でない限り(お守りと違って)普通に捨てても構わないそうだし。(ある雑学番組では一年以内に古札納所へって案内していました!)

もとは神主さんが女性達の自立を推進するため、活動費用を捻出しようと考え出された御神籤な訳だから、ある程度引き直したって寺社も潤うし悪くないのではありませんか。

委細は「ニ所山田神社」さんと「有限会社女子道社」さんというキーワードで検索。
もっと色んな情報ありますよっ。 もちろん「おみくじ」で検索しても!

ちなみにnecoha が行き慣れた神社の御神籤1回50円なの、やさしいなぁ。

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。