東天紅

トウテンコウ
意味

暁を告げるニワトリ、その鳴き声。
他、長鳴きする愛玩鶏の一品種、天然記念物。

~necoha の耳~

コケコッコーじゃなかったんだ、江戸時代の頃って…夜明けを告げる神聖な鳥として神事のために神社で飼われていたこともあったそうです。日本では古来肉食禁忌の風習が根強くあったみたいなのに、いつ頃からこんな食用として重宝されるようになったのかなぁ。 ♪ ク~リスマスが今年もやってくる~けど親子丼好きっ!

朝に鳴くってことは「さえずり」だから、東天紅として神社に飼われたのは雄鶏の方だったのかな…?

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。