「私的(ワタシテキ)に」 =

「私と致しましては」×「個人的には」

ありふれて遣いますよね。若者言葉っていうのかな、いつからだろう。目上の方々からは不評気味だけれど、日常用語に変化が生まれてプチ刺激的なコミュニケーションが成り立つっていうのが若者言葉だったり、流行り言葉だと思うのです。

常に同 じ言葉をくり返して遣うと飽きちゃうの。まあ、飽きて尽きるほどの語彙しかないし…だったら古典からでも豊富な日本語を学びなさいよと指摘されれば、ハイかもしれませぬ。でもね、せめてグウの音出させてほしいなぁ。

これはですね、実は創作意欲の産物なのだっ。人間ならではの原始的な欲求ということで一つ理解していただけると助かりもうす。自覚ありますよ、何か違うなって。その違和感が心地よくて仲間との会話を楽しい雰囲気にさせてくれるんですね。ダカラでは済まされないのかもですが、この手の言葉って間違っている自覚を持って遣うからこそ楽しめるものなのかなぁと最近は思うのです。


< エントリーの続き >

いえ、境界的な意識も有りで。もうギャル語は使えないし、単に流行りだからって言葉遣うの恥ずかしぃ気持ちもあるし…。もっとも、それを流行りと知らなければ堂々と言えるのかなって思うのに。No―それじゃユニークな違和感味わえないよ、流行りは当然になった瞬間つまらなくなるんだもん。

話はずれちゃった。うん、だからね。日本語乱れているとか、言葉遣い汚いなんて頭ごなしに決めつけられるの面白くないっ。そもそも浸透すればコッチノモノで、そうやって時代越えてきた言葉もあるから。「サボる」という一語も、この国で大正時代から永く愛されてきた言葉だったんでしょう。イイじゃん、新語超楽しいじゃん!

世代世代を適当に区分させるのも、ある種方言に似た所 あって面白いですよね。時々、年甲斐もないなんて言われちゃうこともあったりして、我に返って言葉遣い省みたり。でもでも、せっかくの流行り言葉なら世代を越えて楽しめるユーモアがあってほしいなって切に思うよ!

稚拙な書き方で伝えられない部分も残りますが、若者言葉や流行り言葉について皆さん如何お考えなのかなぁ。

広告

アサイド

お話どうぞ。 ・・・表示は承認制です・・・

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

   © 2017  necoha∗  tsukigase

necochalant ホームに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。